ヒゲ脱毛でクールな髭にできる

ヒゲ脱毛でクールな髭面に

ヒゲが濃いのはデメリットだけではない?

 

メンズヒゲ脱毛

ヒゲは日本ではあまりポジティブなイメージがないですよね。

 

無精ヒゲをワイルドとか男らしいと受け止める人はごく少数派。

 

社会に出ると、デザイナーやタレントなど一部ではヒゲがあってもおかしくないですが、ビジネスマンはヒゲを剃るのが基本です。

 

ヒゲがあるだけでマイナスイメージを持たれてしまうので、ヒゲは薄い方が有利ですね。

 

しかし、ヒゲが濃いのはデメリットだけではありません。

 

ヒゲを活かすことで、カッコいいヒゲで男度をアップさせることは可能なんです。

 

ヒゲは社会人にとってない方がいいですが、デザインによってはヒゲもアリなんですよ。

 

カッコいいヒゲのメリットって?

 

メンズヒゲ脱毛

女性受けの悪い濃いヒゲ。

 

なぜ受けが悪いかというと、お手入れをしていないヒゲはだらしない印象だから

 

そういえば、無精ヒゲの人は服もだらしなかったり、どうもパっとしないイメージが強いですね。

 

また、濃い無精ヒゲは生理的に「気持ち悪い」と受け取られてしまうことも多いです。

 

それでは、濃いひげのメリットはなんでしょうか?

 

それは、ヒゲがない人にはできないオシャレなヒゲスタイルをつくることができること。

 

無精ヒゲはムリ!という女子も、デザインされたヒゲはオシャレ!と一気に好感度も上がります。

 

また、ヒゲのデザインによっては小顔効果や、顔の輪郭をカバーする効果も!

 

つまり、ヒゲは顔の欠点を隠すことも可能なのです。最近人気なのが、あごだけヒゲを作るデザイン。

 

知的に見えたりちょっとワイルドにも見えるので、女子人気も高いです。

 

あごだけにヒゲがあると、あごや顔の長さが気にならなくなる効果もありますよ。

 

ヒゲのデザインは脱毛で

 

メンズヒゲ脱毛

ヒゲをどんなデザインにするかを決めたら、次は脱毛です。

 

自分は脱毛は必要ない、という人もいるかもしれませんが、

 

ヒゲをデザインするなら余計なところにヒゲが残っていると一気にダサくなってしまうので、まずは不要なヒゲを脱毛することが大切です。

 

それに、自分でヒゲをデザインするようにすると、どうしてもうまくデザインできません。

 

やはりプロにデザインをおまかせした方が、どこから見てもカッコいいヒゲをつくれます!

 

ヒゲのデザインはどこでする?

 

メンズヒゲ脱毛

ヒゲをスタイリッシュにしたいけど、脱毛サロンやクリニックでいいの?と思うかもしれません。

 

もちろんサロンやクリニックでOKです。

 

ただ、細かい部分までデザインを作りこむなら、光脱毛やレーザー脱毛ではなく、ニードル脱毛の方が向いています

 

ニードル脱毛はヒゲの間引きもできるため、自然に見えるのもメリット。

 

ただ、料金が高く痛みも強いのがデメリットですね。

 

ヒゲのデザインをする場合は、光脱毛やレーザー脱毛である程度濃いヒゲを薄くしてからニードル脱毛でデザインを作っていくと、料金も安く、効率よく理想のヒゲを作ることができるのでおすすめです。

 

ニードル脱毛は、脱毛サロンならメンズTBCやダンディハウスなどで受けられます。

 

それほど作りこまなくていい、という場合は、普通に脱毛サロンやクリニックで残したい部分をカウンセリングの時に相談すればOKです!